• Ishikawa-legi

Sympathy for the devil


ローリング・ストーンズのミック・ジャガーは今年74歳だそうです。彼に一度聞いてみたいことがある。

「ジョン・レノンは闇の世界に言及したので殺されたけど、あなたは殺されなかった。どうやって生き延びたのですか?」

"Sympathy for the devil(1969年)"も、"Brown Sugar(1971年)" も、 "Highwire(1991年)" も、闇の帝国の狂気の仕業を歌っている。これだけあばいて晒しているのに、闇の帝国から刺客が来なかったはずがない。どうやってかわしたのですか?


           ミック・ジャガーは唇もいいけど、絶妙にロンパリの目もいいと思う。

"Sympathy for the devil"

「悪魔を憐れむ歌」の男は名乗らず、自分を「財産家で趣味のよい者」という。そして、世界の歴史の中でいかに自らが多くの事柄に関与してきたのかを物語り始める。イエス・キリストの処刑を皮切りに、ロマノフ朝一族を虐殺した1917年から1918年にかけてのロシア革命、第二次世界大戦の死臭漂う電撃戦、各国の元首たちが神の名の下に百年間争いに明け暮れたヨーロッパの宗教戦争、 ジョン・F・ケネディとロバート・ケネディの暗殺・・・。この男の名は?

「ルシファーと呼んでくれ」と彼はいう。


18回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所