• Ishikawa-legi

邪魔者の暗殺



『レディー・ジェーン・グレイの処刑』 1894年 ドロラーシュ作

この絵が日本に来ているそうです。見に行きたいなー。

この絵は1554年に斬首刑にされた英国女王ジェーン・グレイを描いたものです。彼女は15歳でイギリス女王に即位したものの、わずか9日間で敵対者に廃位させられ、処刑されました。

彼女は何も悪いことをしていません。彼女を利用しようとする人に担ぎあげられ、すぐに王位をねらう対立者に”大逆罪”とでっち上げられてつかまってしまったものです。

私は、「邪魔者を殺すことによって斥けて、自分の思うような世の中にする」ことっていうのは、この絵のような500年くらい前の古いできごとで、現代ではありえない、と思っていました。

でも違いました。現代でも「邪魔者を殺す」ことは当たり前に行われているのです。日本でも海外でも数えきれないくらいの人たちが、権力者に「邪魔だ」と思われて殺されています。

このブログでも何回も触れた、国会議員の石井紘基さん、御巣鷹山JAL123便は米軍機のミサイルによって撃墜されたことを暴いた佐宗邦皇さん、新しいところだと与謝野馨さん、権力者とはちょっとちがうかも知れないけど小林麻央さんなど、いくらでも思いつきます。

中世や近代とちがって現代は、殺し合いではなく話し合いで解決するのだと、かたーく信じこまされていた私です。でも実は現代も血塗られていたんだということを、きれいごとで隠され、すっかり”だまされていた”、そのことが何より本当にショックです。


7回の閲覧

最新記事

すべて表示

「母としての自信がない」

幼稚園の先生方に「AI管理子育ての弊害」と題してお話をしてきた。現代の親の子育てはまるでAIのように完璧に正確に緻密に子ども達を管理している、という話だ。 休憩時間に一人の先生がスーっとよってきて話しかけてきた。「私も自分の子どもたちをAI管理している。子どもたちに悪いと思うが、やめられない。不安で不安でしかたがない。母としての自信がない。」 私には彼女の最後の言葉がどうしてもわからなかった。紛れ

「お金が人生で一番大事」

またショックを受けた。いちいちショックを受けていたらこの仕事はできないのだけど。 「お金が人生で一番大事」と答えた17歳の引きこもり男性がいた(もちろん粉ミルクで育てられた)。 すると、彼の両親が「そう答えるのは普通のことで、私らはなんとも思っていない。今の中学生の50%くらいはそういう考えだし。」と言ってのけたのだ。 私は「みんなが拝金主義だからって、自分の子も拝金主義でかまわないということはな

Formula-Fed Babies

最近ショックだったことは、母乳だけで1歳まで育てられた人は現在の人口の約4分の1しかいないことだ。あとの人は粉ミルクか混合栄養で育った。うちの夫も粉ミルクで育った。 オックスフォード大学の研究では、母乳だけで1歳まで育てられた人のほうが、30歳になった時に学歴もIQも収入も高いそうだ。 他にも海外には母乳で育った人と粉ミルクで育った人の比較研究がたくさんあり、どれも母乳のほうが知性やコミュニケーシ

© 2016 石川レジティメシー研究所