• Ishikawa-legi

片親の人が背負わされたハンディーその2



『男になれない息子たち』  阪急コミュニケーションズ (1995/08)

「父親不在」の家庭で育った息子たちはやがて心の病におかされ、自分を失ってゆく」

もう、かわいそうでならない!

本人たちに責任はまったくないのに、片親だとちゃんとうまく育っていけない。

引きこもって、「死にたい」ばかり考えて、身もだえして苦しんでいる。

親は、暴力、ギャンブル、浮気の3大理由がない限り、離婚するな!

中には、「結婚する前から浮気を繰り返していたのは知ってたけど、結婚した。」

と言ってたお母さんもいました。息子が生れてすぐ夫の浮気が原因で離婚したけど、

「私には息子がいれば(夫はいなくても)いい。」と思ったそうです。

でもその息子は30年経った今、激しく引きこもり中です。

彼は自己否認感が強すぎて、取りつくシマもない状態で、本当に自殺してしまうんじゃないかと、超心配です。

心のどこかで「別にすぐ離婚してもいいや」と思いつつ結婚したら、だめでしょ!お母さん!

今そのしっぺ返しが来てる、としか思えないですよ。

少子化は日本人全員の問題ですよ。

結婚は、一生添い遂げる、という覚悟でするものなのです。

ところで、”子どもは片親でもちゃんといい子に育つ” っていう刷り込みの出所は?

もうおわかりですよね。

日本人滅亡大作戦を繰り広げて、日本の富を根こそぎ奪ってやろう計画を着々と実行中の、おなじみの、あの方たちです。

なんでもかんでも、たどって行くと、あの方たちに行きつきますね~。


17回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所