• Ishikawa-legi

ヒト人工飼育


そうか!わかった!

ヒトラーの背後にいる組織は、レーベンスボルン計画が失敗したので、そこから学習したんだわ。どうすれば民族を撲滅させられるかって。

レーベンスボルン計画で優秀なドイツ人を繁栄させようとしたのに、逆に半人前の人間ばかり育ってしまって使いものにならなくて、ドイツ社会の衰退をまねきかねない事態となった。

ということは、撲滅させたい民族がいたら、その民族に対してレーベンスボルン計画と同じことをすればよい。すなわち子どもは親から引き離して、愛を与えなければいい。

事務的に機械的に保育すれば、へなちょこ人間がたくさん育って、数は多いけどどうにもならん!という事態に当然、なってくる(すでに日本社会がそんな感じになっているけど)。



16回の閲覧

最新記事

すべて表示

日本を絶滅させたい理由

アドルフ・ヒトラー著「わが闘争」下巻第13章に、なぜ”あの人たち”がそんな躍起になって日本を絶滅させたかったのかが書いてありました(初めてこれを読む人は「なんて陳腐な!」と思うかもしれませんが、我慢して読んでください)。 まず、2千年以上前から続く地中海沿岸発祥の悪魔崇拝者たちは、世界人口の9割を殺して残った1割の人間を自分たちの奴隷にする”新世界秩序”New World Order NWOを実現

ホロコースト:誰が?

”誰が、何の目的で、ユダヤ人を絶滅させようとしたか?”については、ホロコーストから70年以上たってようやく明かになってきました。古代ヒクソスに起源を持つヨーロッパの旧家(13家族)が、ヨーロッパだけでなくアジアやアフリカなど全世界を支配しようと300年以上前から計画を立ていて、その一環としてホロコーストは行われていたらしいのです。 彼らは、世界大戦を3回起こすことで段階的に世界統一を進めようとして

© 2016 石川レジティメシー研究所