• Ishikawa-legi

弾圧「投票はなかったことにする」



おととい、病棟のテレビで暴動のニュースを放映していたので、何だろうと思ってみたら、スペイン・カタルーニャ州の独立をかけた住民投票にまつわる暴動だった。

住民投票はあの手この手で妨害され、投票箱が警察によって持ち去られ(!)、あげくの果てに本国政府から「投票はなかったことにする」と言われた。

そりゃ、暴動も起こるでしょ。あたり前だ。

そして、ふと気付いた。この人たちの怒りと、私の怒りは同じだ。お互い地球の反対側にいるのに、怒っている対象は同じ連中に対して怒っている。

住民をないがしろにして食い物にして、すべてむしゃぶりつくしたあの連中に。


5回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所