• Ishikawa-legi

同じ涙。



https://youtu.be/MSCH59q2Zp0

リッキーさんは、2001年ニューヨーク同時多発テロの時にタワー2にいて、2番目の飛行機が自分のいるビルに向かって飛んできてぶつかったのを目撃しました。上の写真はリッキーさんが両手をひろげて左右にゆらしながら、「飛行機はこんな風に翼をゆらしながら、向かってきた」と説明しているところです。

このあと、飛行機は自分のほうに向かってきて、自分の上に行って、そしてぶつかった、と証言しています。リッキーさんはたまたまカメラを持っていたので、写真も残すことができました。その写真に写っていた飛行機は、多くの人が証言している通り、報道されたような民間航空会社の旅客機ではなく、軍用機のような変な飛行機でした。

リッキーさんは飛行機がぶつかった衝撃で20フィート飛ばされ、怪我をし、10年以上たった今でもPTSDに悩まされ、喘息薬をふくめた多数の薬剤を内服しています。

多くの人が「911は内部犯行だ」と言い始め、リッキーさんもやっと口を開く気になったそうで、ルーク・ラドコスキーのインタービューに答えて証言し、最後は大泣きになりました。

「ああ、この涙と私の涙は同じだ。」と、私は思いました。今までずっと善であると信じきってきた“権威”に、すっかりだまされ、ひどい目にあわされ、人生をめちゃくちゃにされていたことを知った者の涙です。



6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所