• Ishikawa-legi

イルミナティの策略


本棚の奥にこんな本があるのを見つけました。『フェミニズムと同性愛が人類を破壊する』


この本には、悪魔崇拝のイルミナティ組織が我々を完全支配するために、まず社会を腐敗させようとしている、その手段の一つとして「家族の崩壊」があげられる、と書いてあります。

「一人の異性を愛し、子孫を残すためその人と生涯を共にする。それは自然が定める生命循環の一部であり、命の本来の意義である」

「フェミニズムは、男性と女性をだまして家族を解体するエセ運動であり、家族を崩壊させることを狙った社会改造の手法の一つ。」

離婚を奨励する社会風潮の中で、なぜ私が離婚しなかったか?ずっと結婚生活を続けてきたか?夫によれば「間一髪、奇跡だ」そうです。

でも結婚は、私が望んで乗った”船”みたいなものです。ちょっとやそっとで途中で降りるわけにはいかない、降りれば自分がそれまで築き上げてきたものを自分で捨てることになる。次の船に乗れるかどうかわからないし、乗れたとしてもまた一から築き上げなきゃいけない。そんなことしてたら目的地に着くのが遅れるかもしれない。

はっきり言って、イルミナティの「家族崩壊」策略には私は引っかからなかったわけです(他の策略には引っかかったけど)。日本には策略に引っかからなかった人がまだまだたくさんいます。しっかりしなきゃ。


16回の閲覧

最新記事

すべて表示

「母としての自信がない」

幼稚園の先生方に「AI管理子育ての弊害」と題してお話をしてきた。現代の親の子育てはまるでAIのように完璧に正確に緻密に子ども達を管理している、という話だ。 休憩時間に一人の先生がスーっとよってきて話しかけてきた。「私も自分の子どもたちをAI管理している。子どもたちに悪いと思うが、やめられない。不安で不安でしかたがない。母としての自信がない。」 私には彼女の最後の言葉がどうしてもわからなかった。紛れ

「お金が人生で一番大事」

またショックを受けた。いちいちショックを受けていたらこの仕事はできないのだけど。 「お金が人生で一番大事」と答えた17歳の引きこもり男性がいた(もちろん粉ミルクで育てられた)。 すると、彼の両親が「そう答えるのは普通のことで、私らはなんとも思っていない。今の中学生の50%くらいはそういう考えだし。」と言ってのけたのだ。 私は「みんなが拝金主義だからって、自分の子も拝金主義でかまわないということはな

Formula-Fed Babies

最近ショックだったことは、母乳だけで1歳まで育てられた人は現在の人口の約4分の1しかいないことだ。あとの人は粉ミルクか混合栄養で育った。うちの夫も粉ミルクで育った。 オックスフォード大学の研究では、母乳だけで1歳まで育てられた人のほうが、30歳になった時に学歴もIQも収入も高いそうだ。 他にも海外には母乳で育った人と粉ミルクで育った人の比較研究がたくさんあり、どれも母乳のほうが知性やコミュニケーシ

© 2016 石川レジティメシー研究所