• Ishikawa-legi

女性記者、報復され死亡



多数の金融マフィアや各国政府関係者や企業が、税金逃れのために大金を“洗浄”したことを記録したパナマ文書というものがあります。このパナマ文書の公開にかかわったジャーナリストのダフネ・カルアナガリチアさんが、マフィアから報復を受けて殺害されました。

ダフネさんは以前から脅迫され命を狙われていると警察に訴えていたのですが、とうとう車に時限爆弾をしかけられ車ごと爆破され、死亡しました。

これはとても卑劣なできごとですが、闇の大悪を暴いたジャーナリストが、報復を受けて殺されたことはこれまでにも無数回あります。しかしそれらはすべて「交通事故死」とか「自殺」とか「不慮の事故」というふうに報道されており、真実は伏せられていました。

それなのに今回、こういうことが一応隠さずマスメディアで報道されたということは、まさに感無量で大快挙で、世界は少しずつまともな方向に動き始めていると実感しています。まだ当分、水面下で両勢力の綱引きが続けられるでしょうけど、私たちは負けません。


11回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所