• Ishikawa-legi

親の身勝手


一体いつから、親が自分を優先させていいことになった?

「幸せになるために」離婚したり、「面倒くさいから」育てなかったり。

おそらく終戦時70年前からだろう。祖父母の人生観に問題ありで、親、子とどんどん無情に悪化し、今では日本は壊滅状態だ。

引きこもり&家庭内暴力の人たちに関わって数年経った。最初は「自立させればいいでしょ」と簡単に考えていたけど、実際は強力に手強い。

まず親が子を手放さない。子といっても30代、40代のおじさん、おばさんなのに、年取った親が「独り立ちさせるのはかわいそう」と囲い続ける。

ちゃんと子どもの前で親に子離れを宣言させて、親子を引き離したのに、親は「やっぱりかわいそう」と言って連れて帰るし。

子どもの方は子どもの方で、「もう自立している」とか「もう自分で自分の責任取ってる」とかカッコつけて放言しまくり、そのくせ親にしがみついて家から一歩も出ない。

やっとの思いで自立させても、子に生きて行くスキルがなさすぎて、通常の日常生活が送れない。それに学力が途方もなく低くて、思考障害がひどい。きちんと筋道立てて考えられなくて、考え方の訓練が全くできていない。心が未熟な子どものまま、体だけ立派で、使い物にならない。お手上げ状態だ。

あーあ!「日本を永遠の未成年だらけにして滅ぼす」というヒトラーに挑戦してたけど、これは無理かなあ。。。


40回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所