• Ishikawa-legi

絶望



http://www.nikkei-events.jp/csis/profile.html

来る10月27日(金)帝国ホテルでCSIS(戦略国際問題研究所)のシンポジウムが開かれます。この日、消えたと思われていた3人:リチャード・アーミテージ、マイケル・グリーン、ジョセフ・ナイの悪徳ジャパンハンドラ―ズが来日しシンポジウムに再登壇します。

現代日本の経済的、政治的、心理的惨状はすべてこの3人が誘導したものです。この3人は「日本を滅亡させよ」という命を受けて暗躍し、日本を地獄につき落としました。

最近になってようやく、この人たちの悪魔ぶりに気づいた人たちが増えてきて、悪行が少しずつ漏れ出るようになり、この人たちは怖気づいて日本に来れなくなっていたのですが、なぜかまた勢いを盛り返し、27日に来日するというのです。

これはもう絶望というしかありません。なにに絶望かというと、日本人の力のなさ加減に、です。これだけみんな貧困、少子化、不幸に苦しんでいて、その原因がわかっているのに、日本人は誰も立ち向かおうとせず、されるがままです。そしてまた悪党が戻ってきてしまいました。

「どうして!」と思うけど、周りを見渡しても、あの人たちのプロパガンダに洗脳されきった思考停止した人ばかり増えてきてるし、もう無理なんだと思います。闘えないのです。残念ですが、日本滅亡は避けられないかもしれません。”北朝鮮”からきたミサイルが落ちて、一巻の終わりです。


18回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所