• Ishikawa-legi

小中の不登校 13万人


平成28年度の年間30日以上欠席する不登校は13万人だそうだ。私は断言できる。「不登校13万人全員が、原因は親にある」と。子どもの都合ではなく、親の都合を優先させているのだ。親になった以上、好き勝手してどうする。親が親自身を優先させれば、子は育たないのは自明の理だ。

これはたぶん、例の『スポック博士の育児書』の弊害だ。あの育児書には、「親は子どもの犠牲になるな。親は自分の生活を大事にせよ。」と書いてあったのだ。この無責任育児の系譜は『たまご』『ひよこ』という出産・育児雑誌に受け継がれ、深々と現代に浸透している。(あの『たま・ひよ』の大株主はロックフェラーだったりして)

家庭で子どもが育っていない。体は大人でも心は子どものまま、何年でも、何十年でも親の家にいる。こういう子たちはまともに学校へも通っておらず、基本的しつけも受けておらず、社会性が決定的に欠如している。この子たちを無理やり親から引きはがして外へ出しても、ちゃんと自立できない。ちょうど羽化不全のチョウチョが空を飛べないように。

(羽化不全のチョウチョの運命を知ってますか?子孫を残さずにすぐ死ぬんですよ。人間も同じです。自立できない子はやがて死んでしまいます。)

日本はGHQやCSISに、あの手この手で皆殺しにされかかっている。軍事問題、北朝鮮問題、政治問題、経済問題もみなこの人たちが仕掛けて、今、日本は致死的状況に陥っている。こういううちの一つが、「家庭で子どもが育たないようにする」という作戦だ。

「家族力の破壊」作戦は、彼らの作戦の中では地味であまり目立たないので、みなあまり注目しない。だけど実は事態はかなり深刻だ。私は最近、親が身勝手さをあまりに強固に保持し保身を図るので、この問題の解決は絶望的に不可能ではないかとあきらめ気味だ。

羽化不全の日本人ばかりになったら、日本社会は成り立たたず滅びる。


                        羽化不全のジャコウアゲハ


32回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所