• Ishikawa-legi

繁殖破壊あの手この手


あの人たちが2千年以上前から狙っているのは、少子化などという生易しいものではなく、ずばり、無子化だ。生れてくる子どもをゼロにする、つまり国民を滅亡させようとしているのだ。この目的のため、あの人たちはありとあらゆる作戦を展開してきた。

ちょっと思いつくだけでも、

・フェミニズム

・同性愛の奨励

・ワンナイト・スタンドの奨励

・家制度の破壊

・家長の追い出し、仕事人間の奨励

・核家族化

・マニュアル育児

・親の権利の優先化

・親の無責任化

・子どもの私物化

・女性の社会進出

・父親不在の奨励

・離婚の奨励

・不倫の奨励

・永遠の未成年化(半人前人間を増やす)

・食品添加物

・ペットボトルから中身に環境ホルモンの溶け出し→経口摂取

・フッ素入り水道水

・歯磨き粉、シャンプー、リンス、化粧品に不妊剤の添加

・ケムトレイルで空から環境ホルモンまき散らし

など、いろいろ挙げられます。隅から隅まで、あの手この手で、実に徹底してます。勝ち目ないかも、です。


18回の閲覧

最新記事

すべて表示

「母としての自信がない」

幼稚園の先生方に「AI管理子育ての弊害」と題してお話をしてきた。現代の親の子育てはまるでAIのように完璧に正確に緻密に子ども達を管理している、という話だ。 休憩時間に一人の先生がスーっとよってきて話しかけてきた。「私も自分の子どもたちをAI管理している。子どもたちに悪いと思うが、やめられない。不安で不安でしかたがない。母としての自信がない。」 私には彼女の最後の言葉がどうしてもわからなかった。紛れ

「お金が人生で一番大事」

またショックを受けた。いちいちショックを受けていたらこの仕事はできないのだけど。 「お金が人生で一番大事」と答えた17歳の引きこもり男性がいた(もちろん粉ミルクで育てられた)。 すると、彼の両親が「そう答えるのは普通のことで、私らはなんとも思っていない。今の中学生の50%くらいはそういう考えだし。」と言ってのけたのだ。 私は「みんなが拝金主義だからって、自分の子も拝金主義でかまわないということはな

Formula-Fed Babies

最近ショックだったことは、母乳だけで1歳まで育てられた人は現在の人口の約4分の1しかいないことだ。あとの人は粉ミルクか混合栄養で育った。うちの夫も粉ミルクで育った。 オックスフォード大学の研究では、母乳だけで1歳まで育てられた人のほうが、30歳になった時に学歴もIQも収入も高いそうだ。 他にも海外には母乳で育った人と粉ミルクで育った人の比較研究がたくさんあり、どれも母乳のほうが知性やコミュニケーシ

© 2016 石川レジティメシー研究所