• Ishikawa-legi

座間9人遺体事件



神奈川県座間市のアパートの一室から9人の切断遺体が見つかった事件で、身元が特定された9人の写真について、職場の人が言ってました。

「みんな、だいぶ前の写真しかないんだね。『死にたい』という思いでいたもんで、最近撮った写真がないんだね。悲しいね。」と。

みんな15歳~25歳の人生の楽しい盛りで、“青春時代(死語)”を送っていたはずなのに、楽しくなかった。「死にたい」と心の中で思いながら、生きていた・・・。

ちょうど先週、中2の男子のお母さんが相談に来ていて、

「でも、先生、周りはこんな子ばかりですよ。みんな全員こうですよ。こういう子はどうなっちゃうんでしょう?」

という話になったので、私は、

「だからみんな、死にたいと思ってます。生きていけないです。大きくなれずに死んでいくかもしれない。」と答えたばかりでした。

『日本で子どもたちが育ってない』問題は、とうとうここまで来てしまいました。みんな育たずに未成年のまま体だけ大きくなって、そのままずっと高齢化していくのかなあ、と漠然と思っていましたが、それどころか、(あまりに基本的で考えてもみなかったことですが)生存力や生命力も育たず、ひっそり死んでいくのです。こうして日本は静かに消滅していくのです。


14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所