• Ishikawa-legi

憎しみ


結局、私は男を憎んでいるのかもしれません。男社会で虐げられて退けられて貶められて、仲間外れにされました。

うまく男と渡り合えないのは、私が女子校育ちだからかもしれませんが、今ではそれもどうでもいい、という気持ちです。

だって私は男社会の歪みを研究して、男に復讐して恨みを晴らしたい、と思っているわけではないからです。そうではなくて、女子校のことも含めて私の歩んできた道及び社会を検証して、なぜ私が男を憎むに至ったか?を知りたいと思っているのです。

男と女は、”一対”で、左と右、東と西、磁石のN極とS極みたいなものだと思います。N極がS極を憎むなんて、ナンセンスでしょう。それぞれ違うんだから、張り合ったり対抗したりしても意味ないことなのです。

どういう経緯で憎む気持ちを持つことになってしまったのか、何か仕掛けられた罠(バチカンのしわざ?)があったに違いないと思うし、どうにかこの不毛な気持ちを解決できないか、と切実に思っています。


15回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所