• Ishikawa-legi

"This man is crazy." said Luke



海外青年協力隊に参加してバングラディッシュに2年滞在していた、という人の話を聞くことができました。彼は、ビル・ゲイツ財団(GAVI)などがバングラディッシュの子どもたちにちゃんとワクチンを打ったかどうかを、村々を回って監査する仕事をしていたそうです。

その仕事はやりがいがあったかどうか、彼に聞きそびれてしまいました。というのも、ビル・ゲイツやWHOは世界の貧しい人々を救うのではなく、 ”殺す” 目的でワクチンを打っていたことが、最近次々とあばかれているからです。ビル・ゲイツ自身も言っています。「人口を減らす目的でワクチンを打っている」と。

https://youtu.be/8BobKXkrt8M

バングラディッシュで「よかれ」と思ってやった仕事が、実は邪悪な人口削減陰謀の片棒を担がされていただけだったと気づいたら、彼はどう思うのでしょうか・・・。

wearechangeのルークが動画で「ビル・ゲイツはきちがいだ」と言っていました。

https://youtu.be/btEQ_OEPpRM


7回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所