• Ishikawa-legi

欲しがりません、勝つまでは。


週末に用事があって東京に行きました。東京駅で行きかうたくさんの人を見て、みんな超地味で戦時中のモンペ姿みたいだなと思いました。まず赤やピンク色の服を着ている人は皆無で、黒か灰色か白か青ばかりです。スカートもあまり見かけず、ワイドパンツさえ見かけず、みんなジーンズか黒パンツです。靴もヒール靴は皆無で、老若男女ほぼ全員が黒のスニーカーでした。

日本で一番ハイソな三越デパートにも行きましたが、お客さんの服装は東京駅と同じようなものでした。店員でさえ、黒のスニーカーをはいていました。以前は東京のいいところの奥様ばかりで、みなさんきちんとしたおしゃれをしてあんなに上品だったのに・・・。

日本人の心情から考えるとたぶん、今、華美な服装をしていると襲撃されるのではないか、という気がします。みんなが貧乏に耐えて、耐えて、終戦時の比ではない混乱とカタストロフィーを乗り越え、そして再生の道をみつけることができるか? 私はできると思います。


6回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所