• Ishikawa-legi

A mother who committed adultery



今週の週刊文春に、太川陽介(58)の奥さんの藤吉久美子(56)がAさんという人とダブル不倫していた?という文春砲が載っていました。

その釈明会見で藤吉久美子が16歳の息子について、「彼の人生を私がこんな風にしてしまって申し訳ないと思っています。」 と泣きながら詫びているのを見て、この点だけはすごいな、と思いました。

母の姦通は子の人生をこわしてしまう、現代日本人でこの厳然たる事実を把握している人は本当に数少ないと思います。今の日本人はイルミナティによって、「自分の人生さえよければいい。子の人生がどうなろうが自分には関係ない」と思い込まされているからです。

藤吉久美子はこの事実がよくわかっている希少な存在です。じゃあ、浮気なんかしなきゃいいのに、でもしてしまう、こういうのを仏教では業が深いっていうのでしょうか・・・。

https://youtu.be/3bgHerJwDYU


9回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所