• Ishikawa-legi

メリークリスマス


新約聖書は、バチカンP2ロッジのフリーメイソンが「俺たちが書いた」と言っているそうです。これを聞いても、色々学んだ今では「さもありなん」と思いますが。

だって以前、エルサレムの聖墳墓教会に行った時に、「これがイエス・キリストの死刑後の体を洗った石ですよ」と言われて、「ほんまかいな!」と思いましたもの。名もない死刑囚が遺体を洗うために横たえられた石が、300年以上たってからローマ皇帝のご母堂が訪れて「これです。」と発見されましたって、そんな話は信じられるわけないでしょう。どう考えてもローマ帝国が”キリスト”というストーリーをでっちあげようとした、としか思えません。

エルサレムに行ったことある人ならわかると思いますが、旧市街は迷路のようにごっちゃごちゃですよ。あの中をすんなり何のいわれもない石を見つけて「これだ」と指摘するなんて無理な話です。

そしてバチカンのプロパガンダ2ロッジには、ローマ帝国の皇帝の血をひく人たちが今でもいるそうだし、あの人たちが昔、ローマ帝国が属国を治めるのに都合のいいように新教と聖典を作り上げただろうことは想像に難くありません。

2000年以上も前から、『世界丸ごと詐欺!』だったわけですが、最後の砦としてせめて旧約聖書のある部分だけは真理であってほしい、とずっと聖書を読み続けてきた身として切に、切に思います。


6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所