• Ishikawa-legi

のれそれ、どろめ



先週末,従兄のお見舞いに高知に行ってきました。上の写真は途中の列車の窓から見えたケムトレイルです。ねー、こんな四国山地にまで毒をまかなくてもいいのに。

小さいころよく一緒に遊んだけど小学校以来会ってなかった従兄はすっかり背が伸びていて、「人生の最初と最後にまた会えてうれしい」という気持ちになりました。でも病気をして心身ともに衰弱していて、何とかもう一度元気になってほしいと思っています。

その後、ひろめ市場に行って ”のれそれ” と ”どろめ” を食べました。おいしかったです。

私の母は高知生まれで、戦争中に艦砲射撃というのに遭っています。艦砲射撃というのは母がいうのには、土佐湾の沖の方に米軍軍艦が現れて高知の町に向かって大砲をズドーン、ズドーンと打ちまくるのだそうです。母はだいぶ年取ってからも夜中に何か大きな物音がするたびに、「艦砲射撃か!」と

叫んで飛び起きていましたね。

何が悲しいって、艦砲射撃は過ぎ去った悪夢で、今の人類はそんな愚かなことはせず平和を享受していると信じ切っていたのに、現実はこの毒空ですよ。艦砲射撃とは比べものにならないくらい悪い事態に陥っているってことです。思いもよらぬ人類史上最悪の事態です。


18回の閲覧

最新記事

すべて表示

最近ケムトレイル見ないなー♫

去年の12月ごろからさっぱりケムトレイルも電磁波雲も見なくなった。あれだけ毎日ジャミジャミ出てたのに、最近はフツーの雲ばかりだ。とうとうあの人たちも予算がつきたのか? おかげでとても体調がいい。あの変な意識朦朧発作が起こらなくなったし、眠気も中くらいになった。 少しずついい方向に向かっているのだといいが…。

© 2016 石川レジティメシー研究所