• Ishikawa-legi

明けましておめでとうございます。


お正月に「黒龍 石田屋」という銘柄の日本酒をいただきました。とても香りがよくストイックで崇高な味がしました。初詣に行った神社の清々しさを思い出しました。”お神酒”というけど、なるほど、日本人というのはこういう精神の高みを目指しているのだなと、納得です。

以前、東京銀座のレストランで飲んだおいしいワインは、豊穣の味がしました。飲むととても豊かな気持ちになりました。対して日本酒はすべてを削ぎ落とした神性の極致をめざしているのだと思います。

日本とヨーロッパでは、お酒とワインが全然違うように、暮らしや生き方の質が違うのです。でもきっと、昇りつめたら同じ景色を見るのだろうとは思いますが。

ヨーロッパのほんの一部の権力者が世界中を支配し、滅ぼそうとしましたが、失敗に終わろうとしています。日本もなんとか生き延びて、次につながなきゃいけません。そして今回のこの恐ろしい出来事をもう二度と起こさないように、しっかりシステム作りをしなければ。

当研究所も研究を重ねてきて、かなり攻略法の解明が進んできました。それは、途中で紆余曲折はあったものの、当初の予想どおりのもので、やはりこの路線で間違いないと思われるものです。今年こそこれで行くっきゃありません。今年もどうぞよろしく。


5回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所