• Ishikawa-legi

イルミナテティ式人間劣化



『誰もボクを見ていない』山寺香著を読みました。2014年埼玉県川口市で発生した17歳の少年が祖父母を惨殺した凄惨な事件を取材した本です。

この事件では、母親が少年に「祖父母を殺してでも金を取って来い」と命令しています。少年は学校にも行かせてもらえず、家族で公園で野宿したりして育ちました。生まれてからずっと、母の命令には逆らえない心理状況に置かれていたのです。

私が興味あったのはむしろ、母親のほうです。母親の”病みと闇”についてはこの本にはあまり記述がありませんでしたが、母親は高校中退後結婚し、少年をもうけるも離婚し、あっという間にホームレスとなり、少年をダシにして親戚からお金を借りまくり、男ができて娘(少年にとっては義妹)を産み、それでもホームレスを続けます。その間、全く働こうとはせず、少年が取ってきたお金でパチンコとゲームとホスト遊びを延々と続けるのです。

『この母親にしてこの子あり』で、親がこうなら誰でもこの少年のようになるでしょうし、この少年のような子は今や珍しくなくどこにでもたくさんいるだろうと思われます。母の愛情を受けて育たないと、誰でもこの子のように”空虚化”するのです。

イルミナティによる、母が子に愛情を注がせないようにする仕掛けは、このケースの場合はおそらく貧困と規範強化と思考劣化が主ではないかと考えられます。加えてこの母親の両親も離婚していることから、この母親自体も愛情不足で、愛情を注ぐって何?状態にあり、この事件に当たっては「3世代にわたる長期計画成就おめでとう」と、イルミナティ本部ではさぞかし盛大なお祝いがなされたことでしょう。

イルミナティの罠は社会のあらゆるレベルで緻密に仕掛けられたため、みんな必ずどこか何かやられていて、どこもやられず無傷な人は皆無だろうとは思いますが、でもこの事件はあまりにも悲惨で無残でひどい事件だと思いました。


5回の閲覧

最新記事

すべて表示

「母としての自信がない」

幼稚園の先生方に「AI管理子育ての弊害」と題してお話をしてきた。現代の親の子育てはまるでAIのように完璧に正確に緻密に子ども達を管理している、という話だ。 休憩時間に一人の先生がスーっとよってきて話しかけてきた。「私も自分の子どもたちをAI管理している。子どもたちに悪いと思うが、やめられない。不安で不安でしかたがない。母としての自信がない。」 私には彼女の最後の言葉がどうしてもわからなかった。紛れ

「お金が人生で一番大事」

またショックを受けた。いちいちショックを受けていたらこの仕事はできないのだけど。 「お金が人生で一番大事」と答えた17歳の引きこもり男性がいた(もちろん粉ミルクで育てられた)。 すると、彼の両親が「そう答えるのは普通のことで、私らはなんとも思っていない。今の中学生の50%くらいはそういう考えだし。」と言ってのけたのだ。 私は「みんなが拝金主義だからって、自分の子も拝金主義でかまわないということはな

Formula-Fed Babies

最近ショックだったことは、母乳だけで1歳まで育てられた人は現在の人口の約4分の1しかいないことだ。あとの人は粉ミルクか混合栄養で育った。うちの夫も粉ミルクで育った。 オックスフォード大学の研究では、母乳だけで1歳まで育てられた人のほうが、30歳になった時に学歴もIQも収入も高いそうだ。 他にも海外には母乳で育った人と粉ミルクで育った人の比較研究がたくさんあり、どれも母乳のほうが知性やコミュニケーシ

© 2016 石川レジティメシー研究所