• Ishikawa-legi

車中ミュージック


年末年始に夫が私の車をたくさん使って乗りまわしていました。そしたら夫が、「あんたの車のオーディオの音楽は、どれもめっちゃうるさい!」と文句を言うのです。

確かに私はポップでイケイケのミュージックが大好きで、そんな歌ばかりオーディオに入れています。なぜかというと、ふだんの仕事でいろいろ気分が滅入ってしまい、そんな気分を音楽で持ち上げなきゃいけないからです。

昨日も日直で、病棟患者さん(60歳男性)が「死にたい」と訴えてきました。その人のカルテを見ると遅くに結婚して息子二人ができたのに、現在離婚係争中だと書いてありました。「そりゃ死にたくなるよね。お正月なのにこんなところにいなきゃいけないし。」と思うと、かわいそうになってこちらの気持ちも引きづられ落ち込んでしまいました。

いちいちかわいそうになっていても仕事にならないし、楽しい音楽聴いて気持ちを揚げなきゃいけないのですが、夫は私と逆でいつもハイ・テンションなので、音楽は静かなバラードを聞きたいそうです。夫は私と違って、かわいそうな人を見ても「それはそいつが悪い」ということで、なんとも思わないタイプなのです。

夫にすればその患者さんは「結婚を維持するための努力が足りない」というのでしょうが、私は「本人にはどうにもならない不運な環境だ」と思うので、私と夫と足して二で割ればものの見方としてちょうどよくなるのかもしれません。


4回の閲覧

最新記事

すべて表示

「母としての自信がない」

幼稚園の先生方に「AI管理子育ての弊害」と題してお話をしてきた。現代の親の子育てはまるでAIのように完璧に正確に緻密に子ども達を管理している、という話だ。 休憩時間に一人の先生がスーっとよってきて話しかけてきた。「私も自分の子どもたちをAI管理している。子どもたちに悪いと思うが、やめられない。不安で不安でしかたがない。母としての自信がない。」 私には彼女の最後の言葉がどうしてもわからなかった。紛れ

「お金が人生で一番大事」

またショックを受けた。いちいちショックを受けていたらこの仕事はできないのだけど。 「お金が人生で一番大事」と答えた17歳の引きこもり男性がいた(もちろん粉ミルクで育てられた)。 すると、彼の両親が「そう答えるのは普通のことで、私らはなんとも思っていない。今の中学生の50%くらいはそういう考えだし。」と言ってのけたのだ。 私は「みんなが拝金主義だからって、自分の子も拝金主義でかまわないということはな

Formula-Fed Babies

最近ショックだったことは、母乳だけで1歳まで育てられた人は現在の人口の約4分の1しかいないことだ。あとの人は粉ミルクか混合栄養で育った。うちの夫も粉ミルクで育った。 オックスフォード大学の研究では、母乳だけで1歳まで育てられた人のほうが、30歳になった時に学歴もIQも収入も高いそうだ。 他にも海外には母乳で育った人と粉ミルクで育った人の比較研究がたくさんあり、どれも母乳のほうが知性やコミュニケーシ

© 2016 石川レジティメシー研究所