• Ishikawa-legi

Eugenics



これは茨城県北相馬郡利根町・徳満寺に奉納されている「間引き絵馬」の絵です。出産を終えたばかりの母親が、鉢巻を締め、生まれたばかりの嬰児を抑えつけ、そのまま殺そうとするところを描いたものです。江戸末期に描かれたものとされています。

江戸時代には間引きがけっこう普通に行われていたそうです。その目的は主に口減らしだったでしょうが、お母さんはこっそり障害児も間引いたのではないか、と考えられています。育たない子を育てるほど、経済的にも心理的にも余裕ある母親って、今も昔もそんなにたくさんいないと思います。

以前読んだ「ヤノマミ」(国分拓著)という本に出てくる話ですが、アマゾンの奥地に住むヤノマミ族は、産気づくとジャングルの奥へ一人で入って行って出産し、生れたその子をじっと見て、村に連れて帰って育てるか、そのまま殺めて精霊に返すか、その場で決めるそうです。

産褥のお母さんがその時、その場でどうするか決める。村に戻ってきたお母さんの手がからっぽでも、村の男たちは何も言わずそのまま日常生活を続けます。でもそのおかげで、村には障害者が一人もいないそうです。そして村人みんなが元気で陽気でたくましくて仲良くて、ジャングル奥地の野生生活をエンジョイしているのです。

ナチスドイツの優生主義は、「優秀なアーリア民族のみ地球上に生きていていい」ということを、“男が決める”という点が間違っているのではないか、と思います。決めていいのは産んだお母さんだけなのです、絶対に。


5回の閲覧

最新記事

すべて表示

「母としての自信がない」

幼稚園の先生方に「AI管理子育ての弊害」と題してお話をしてきた。現代の親の子育てはまるでAIのように完璧に正確に緻密に子ども達を管理している、という話だ。 休憩時間に一人の先生がスーっとよってきて話しかけてきた。「私も自分の子どもたちをAI管理している。子どもたちに悪いと思うが、やめられない。不安で不安でしかたがない。母としての自信がない。」 私には彼女の最後の言葉がどうしてもわからなかった。紛れ

「お金が人生で一番大事」

またショックを受けた。いちいちショックを受けていたらこの仕事はできないのだけど。 「お金が人生で一番大事」と答えた17歳の引きこもり男性がいた(もちろん粉ミルクで育てられた)。 すると、彼の両親が「そう答えるのは普通のことで、私らはなんとも思っていない。今の中学生の50%くらいはそういう考えだし。」と言ってのけたのだ。 私は「みんなが拝金主義だからって、自分の子も拝金主義でかまわないということはな

Formula-Fed Babies

最近ショックだったことは、母乳だけで1歳まで育てられた人は現在の人口の約4分の1しかいないことだ。あとの人は粉ミルクか混合栄養で育った。うちの夫も粉ミルクで育った。 オックスフォード大学の研究では、母乳だけで1歳まで育てられた人のほうが、30歳になった時に学歴もIQも収入も高いそうだ。 他にも海外には母乳で育った人と粉ミルクで育った人の比較研究がたくさんあり、どれも母乳のほうが知性やコミュニケーシ

© 2016 石川レジティメシー研究所