• Ishikawa-legi

ピダハン語



『ピダハン:「言語本能」を越える文化と世界観』

ピダハンはアマゾンの奥地に住む少数民族です。著者のアメリカ人ダニエル・エヴェレットはピダハン語に以下のような特徴を見つけ、驚愕しています。

 1.過去形も未来形もない

 2.数の言語がない

 3.再帰がない(「太郎は結婚したと次郎は考えていると三郎は言った」といった入れ子状の再帰的な文は作れない。)

そして「たった四〇〇人程しかいないピダハン族の文化が、チョムスキー以来の言語学のパラダイムである『言語本能』論を揺るがす論争を巻き起こした!」と述べています。

でも、そんなに驚くようなことでしょうか?だってこれ、日本語とそっくりじゃないですか。日本語にも正確には過去形も未来形もないし、数の原語はあるけど単数・複数は区別しないし、再帰的文を使うとこんがらがるから日常的には使わないし。

よく見るとピダハンって顔も日本人に似てるし。

ピダハンや日本人のようなアジア人と、アメリカ人のような西洋人とは、暮らし方や価値観や望むものが異次元的にちがうのだと思います。西洋人はロジックに優れ、頭がよくて知能が高いけど、欲が深過ぎて結局身を滅ぼすようなことばかりしているように見えます。

アジア人はロジックに弱くて、過去も未来もなくて目の前のことだけで、多産で数ばかり多くて均一的で、でもお金や権力がなくても幸せになる術をよく知っています。

一部の西洋人の黒幕が、日本人を根絶やしにしようとしているけど、たぶん無理です。私たちにはその手は通用しないと思います。


6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所