• Ishikawa-legi

ジェノサイド


ここ石川県ではまだまだ少ないけど、今や日本中で多くの人が、欧米のほんの一握りの人によって、日本人が奴隷にさせられていることを気づき始めています。

戦後72年の間に、金融、経済、政治、教育、医療、農業、宗教などすべての分野で着々と洗脳が進められた結果、すっかり日本人は疲弊し、自殺者も増え、殺人も増え、孤独死など当たり前となりました。

ここで再確認しておきたいのは、”欧米のほんの一握りの人たち”は、金が欲しいのでも、権力がほしいのでも、我々を支配して奴隷にしたいのでもないということです。あの人たちがねらっているのは、日本人を根絶やしにすること(ジェノサイド)なのです。我々の命をねらっているのです。

ここをはき違えると、「欧米人なんて関係ないし」「金ならくれてやるよ!」「支配したけりゃすれば?おれたち奴隷でけっこう」と思ってしまいますが、事は我々や我々の子孫を全員抹殺、という厳しいものなのです。

日本人は性善説なので、「まさか命までくれとはいわないだろう」という甘い見通しが前提に立ってしまい、なかなか本気で皆殺しに来る人たちがいるという理解に達するのが難しいのです。でもこれを理解すると、面白いほどよく世の中の動きがわかるようになります。全部つながります。

日本の自殺者も殺人も孤独死もすべて、あの人たちが長年にわたって着々と仕掛けてきたことなのです。ではなぜ、そんなに日本人を根絶やしにしたいのか?

これまでの研究では今のところ、日本人が憎いから、というのがその答えです。驚きますよね。その一握りの欧米人は、私たちが貧しくも清らかに平和に暮らしているのが憎いのだそうです。だから民族を末梢してやると。

それは違うでしょうと。あまりにも愚かな人たちですね。そういうことなら、こちらもむざむざやられずに済む方法があるってことですよ。


9回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所