• Ishikawa-legi

大雪と闘う


大雪がふりました。たった一晩で70センチも積り、今朝は雪すかしが大変でした。でも朝早くから近所の人がたくさん出てせっせと雪すかしをしていました。

いつもなら近所の人は苦手で、そこはかとなく“底意地の悪い”って空気が漂っていたりすることもあるのですが、今朝はちがいました。みんな笑顔でお互いに励まし合い、ねぎらい合いながら雪すかしをしていました。

雪と闘うときは、お互いのわだかまりを抜きにして、あっという間に気持ちよく団結するものなんだなと思いました。そうでないと大自然とは闘えないのだと思います。東北地方の津波の被災地を訪ねた時に、かの地では災害が家族のきずなをとても強いものにしたと感じたのですが、この近所の団結も同じ原理によるのかもしれません。

やっと車を掘り出したところで、側溝の鉄網の上にはまり、立ち往生してしまいました。でも近くで雪すかししていたロマンスグレーの男の人が助けてくれて、抜け出すことができ、なんかやっぱり男の人ってたよりになるなあって思いました。

職場に行く途中でも、たくさんの箇所で車が立ち往生していましたが、そのたびにそばの男の人たちが寄って行って助け出してあげていました。除雪車や重機もたくさん出ていて、「今、助けに行ってやっぞ!」て感じがむんむんで、ふだんならゴロゴロしてて「しょーもない」と思ってしまうだろうあんちゃんたちが運転席で、とてもかっこよく見えました。やっぱり男の人って力があってたのもしいなあって思いました。


9回の閲覧

最新記事

すべて表示

「母としての自信がない」

幼稚園の先生方に「AI管理子育ての弊害」と題してお話をしてきた。現代の親の子育てはまるでAIのように完璧に正確に緻密に子ども達を管理している、という話だ。 休憩時間に一人の先生がスーっとよってきて話しかけてきた。「私も自分の子どもたちをAI管理している。子どもたちに悪いと思うが、やめられない。不安で不安でしかたがない。母としての自信がない。」 私には彼女の最後の言葉がどうしてもわからなかった。紛れ

「お金が人生で一番大事」

またショックを受けた。いちいちショックを受けていたらこの仕事はできないのだけど。 「お金が人生で一番大事」と答えた17歳の引きこもり男性がいた(もちろん粉ミルクで育てられた)。 すると、彼の両親が「そう答えるのは普通のことで、私らはなんとも思っていない。今の中学生の50%くらいはそういう考えだし。」と言ってのけたのだ。 私は「みんなが拝金主義だからって、自分の子も拝金主義でかまわないということはな

Formula-Fed Babies

最近ショックだったことは、母乳だけで1歳まで育てられた人は現在の人口の約4分の1しかいないことだ。あとの人は粉ミルクか混合栄養で育った。うちの夫も粉ミルクで育った。 オックスフォード大学の研究では、母乳だけで1歳まで育てられた人のほうが、30歳になった時に学歴もIQも収入も高いそうだ。 他にも海外には母乳で育った人と粉ミルクで育った人の比較研究がたくさんあり、どれも母乳のほうが知性やコミュニケーシ

© 2016 石川レジティメシー研究所