• Ishikawa-legi

3Sのうちの“Screen”について


お正月に帰ってきたうちの子と、ちょっと論争になりました。この子は、「おとなになってもアニメやコミックにはまることの、どこが悪い?」というのです。

昔はアニメや漫画は小学生以下の子どものためのものでした。それを中学生に上げたのが、『宇宙戦艦ヤマト』だといわれています。以来、どんどん年齢があがってきて、今では40歳になってもアニメに夢中の人たちがたくさんいます。

私は、20歳の大人がアニメやコミックやゲームをたまに娯楽として楽しむのならいいと思います。でもその世界に没頭してオタク化して、それが生活のほとんどの部分をしめるようになるとまずいのではないかと思います。

やっぱりはっきり言って、アニメやコミックは真理の追究や思考が浅いと思います。たぶん、絵で見せて直感で感じ取ることがほとんどで、言語により組み立てる部分が少ないからではないかと思います。

『シオンの議定書』(1890年代)にイルミナティたちが書いています。

「人々を思想的に屈従させるため、視覚教育という方式を我々はすでに行っている。この方法は、人々のすべての脳の働きをなくして、物を考えなくし、理解するためにはひたすら見る、という従順な動物に仕立て上げることができる。」

一般には戦後にGHQが、「3S作戦」(スポーツ、セックス、スクリーン)とかいって、日本人をダラにしようとたくらみを展開し始めたということになっていますが、実はそれ以前から、視覚や映像で人を白痴化する作戦が進められていたのです。

日本のアニメが世界で高く評価されている、と日本人は得意に思っていますが、本当はたんにまんまと作戦に乗せられてしまっただけなのかもしれません。


7回の閲覧

最新記事

すべて表示

「母としての自信がない」

幼稚園の先生方に「AI管理子育ての弊害」と題してお話をしてきた。現代の親の子育てはまるでAIのように完璧に正確に緻密に子ども達を管理している、という話だ。 休憩時間に一人の先生がスーっとよってきて話しかけてきた。「私も自分の子どもたちをAI管理している。子どもたちに悪いと思うが、やめられない。不安で不安でしかたがない。母としての自信がない。」 私には彼女の最後の言葉がどうしてもわからなかった。紛れ

「お金が人生で一番大事」

またショックを受けた。いちいちショックを受けていたらこの仕事はできないのだけど。 「お金が人生で一番大事」と答えた17歳の引きこもり男性がいた(もちろん粉ミルクで育てられた)。 すると、彼の両親が「そう答えるのは普通のことで、私らはなんとも思っていない。今の中学生の50%くらいはそういう考えだし。」と言ってのけたのだ。 私は「みんなが拝金主義だからって、自分の子も拝金主義でかまわないということはな

Formula-Fed Babies

最近ショックだったことは、母乳だけで1歳まで育てられた人は現在の人口の約4分の1しかいないことだ。あとの人は粉ミルクか混合栄養で育った。うちの夫も粉ミルクで育った。 オックスフォード大学の研究では、母乳だけで1歳まで育てられた人のほうが、30歳になった時に学歴もIQも収入も高いそうだ。 他にも海外には母乳で育った人と粉ミルクで育った人の比較研究がたくさんあり、どれも母乳のほうが知性やコミュニケーシ

© 2016 石川レジティメシー研究所