• Ishikawa-legi

『日本は戦争に負ける』


先日うちの夫が、「もしぼくが太平洋戦争中に兵隊で、誰かが『日本は戦争に負ける』と言ったら、その人に対して怒るだろう。」というので、家庭内で熾烈な論争になりました。

夫は「よけいな水はささないでくれ。負けるとわかっていても、死ぬまで戦うのみ!」と言い張り、私は「それは自己愛的な美学にすぎない」と反論したのです。

そんなの、自分の命をかけて自分の名誉を守るってことで、自分だけかっこよく死のうだなんて、残された妻子のことなんてなんにも考えておらず、ジコチューの最たるものとしか思えません。

こういう変な思想を日本男児に植え付けたのはいったい誰なのでしょう?迷惑極まりないですよ!こういう考え方をする人こそ非国民だと思います。

本来なら戦況を冷静に見極めて、なんとか被害をできるだけ少なく抑える方法を考えるべきだと思うのですが。


13回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所