• Ishikawa-legi

雪はいつまで降るか


夫が「雪はいつまで降るかなあ?」と聞くから、私は「イルミナティの借金返済日が2月8日まで延期されたから、2月8日まで降ると思うよ。」と答えました。

あの人たちは資金繰りに困っていて、あの手この手で恐喝しては必死で金集めをしていて、雪を降らせて政府からなにがしかのお金をまきあげて借金返済の足しにしているのです。

ところが話の途中で夫が怒り出したのです。

「もういい!あんたの話はいつもそうだ!そんなことばかり言っていると・・・。」

でもこれは私が悪いのではないのです。あの人たちが悪いのです。好むと好まざるとに関わらず、あの人たちがあらゆるレベルで微に入り細に入り仕組んでくるから、どの話題でもここに行き着いてしまうのです。それぐらい包括的に汚染されているのです。恐ろしいことです。

でも逆に、世の中で起こるどんなレベルの問題もこれで説明つくから、すっきりするといえばすっきりします。異常気象も政治も経済も子育ても人権もうつ病もノーベル賞も隣近所もゴミ問題も、全部すっきり説明つくのです。

うちの夫は話が自分の手に負えなくなると、カーッと怒りだす癖があるから、放っておくよりしかたないです。ってか、男なら「手に負えない」と言って放り出さないで、敢然と立ち向かわなきゃでしょ!


12回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所