• Ishikawa-legi

ポルターガイスト?


昨日の深夜、ストーブの前でうたたねしていたら、天井の裏で「トトトッ」と何かを叩くような物音がしました。しばらくしてまた「トトトッ、ト」とちょっと近づいたような感じの音が聞こえ、続いてもう一回「トトトッ、ト」と聞こえ、それきり聞こえなくなりました。

思えば同じような物音は以前から時々聞こえていましたが、まったく気にとめていませんでした。ですがなぜか昨夜は「あれ?」と意識して聞いてしまい、それ以来なんかこわくて・・・。座敷わらしかなんかなのでしょうか?

その後べッドに入って寝たのですが、なぜだか午前3時ごろに急に苦しくなって目が覚め、飛び起きてヒーターのスイッチを切り、カーテンを開け、また布団に入って寝る、という自分でも不可解な行動をしてしまいました。

よくテレビなどでえらい教授の先生なんかが、いわゆる”科学”を礼賛したりしていますが、とんでもないですよね。現代の科学なんて400年かそこらの歴史しかなく、しかもわざと人工的にゆがめられていて、人類をだましてある方向に誘導しようとしている代物なのが見え見えです。

実は科学では説明できない物事がたくさん、たくさん身の回りで起きています。と、今書いている、この文字や言葉もよく考えると本当に不思議で、科学ではその成り立ちが説明つきません。

こうやって考えていくと、私ってふだんの日常では、科学的方法と非科学的方法の二重構造でものを考えているのかなー、という気がします。どちらも私の中で共存している感じです。でも本当は合致させて、いつも一つの方法で考えるようにできるといいな、と思います。


21回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所