• Ishikawa-legi

ナチスの若世代


1919年に始まった”ナチス”は「アーリア人至上主義」「反ユダヤ主義」「反共」「指導者による独裁」を思想とする集団で、1945年に解体されたとされていましたが、実際は南北アメリカ中枢に深くもぐりこんで活動を現在まで続けていることが次々と暴露されています。

でもさすがにナチスも今では世代交代して若返っており、30代ぐらいの人たちが組織の中心だそうです。例えばアウシュビッツ収容所で人体実験を行ったメンゲレも南米に逃れ生き延びていたのですが、今生きていれば107歳でひいおじいちゃんぐらいになっており、もうかれの孫やひ孫の世代が活躍していて、そういった若世代は昔の世代ように邪悪ではないそうです。

そしてナチスが持っている最新技術-マッハ20で飛ぶ技術や重力に抗して飛ぶ技術-を一般に解放してもいい、と言っているそうです。

https://benjaminfulford.net/2018/02/08/world-solution-plastic-waste/

でも正直、私はマッハ20で飛びたいかと問われると、そんなこと別にしたくないです。それよりも温泉でのんびりゆっくりごろごろしていたい。今のところ、あんまり超ハイテク技術に頼るより、ローテクでいいや~という気分です。


17回の閲覧

最新記事

すべて表示

日本を絶滅させたい理由

アドルフ・ヒトラー著「わが闘争」下巻第13章に、なぜ”あの人たち”がそんな躍起になって日本を絶滅させたかったのかが書いてありました(初めてこれを読む人は「なんて陳腐な!」と思うかもしれませんが、我慢して読んでください)。 まず、2千年以上前から続く地中海沿岸発祥の悪魔崇拝者たちは、世界人口の9割を殺して残った1割の人間を自分たちの奴隷にする”新世界秩序”New World Order NWOを実現

ホロコースト:誰が?

”誰が、何の目的で、ユダヤ人を絶滅させようとしたか?”については、ホロコーストから70年以上たってようやく明かになってきました。古代ヒクソスに起源を持つヨーロッパの旧家(13家族)が、ヨーロッパだけでなくアジアやアフリカなど全世界を支配しようと300年以上前から計画を立ていて、その一環としてホロコーストは行われていたらしいのです。 彼らは、世界大戦を3回起こすことで段階的に世界統一を進めようとして

© 2016 石川レジティメシー研究所