• Ishikawa-legi

グループ・リーダー


ここ数日間大雪で、うちの家の前の道が車が一台しか通れない狭い狭い道路で、雪にはまって立ち往生する車が頻回に出ました。

そのたびにスコップかついで助っ人に行くのですが、そういうときは大体、自然と4,5人がその車の周りに集まって掘り出していることが多かったのですが、なんとなくその中で”仕切る人”が出るのが面白かったです。

たいていは集まった人の中でもがっしりした体格の年配の男性がその役目について、「よし、ここを掘れ」とか「ギアをバックに入れて!」とかみんなに指示を出すのです。

ほれぼれ~って感じです。頼りになります。無事脱出できると拍手喝采です。

人の上に立つってことは、いばって権威を振りかざして優越感にひたるってことじゃなくて、下の人たちを守って舵取りして安全な方向へ導くってことだと思います。そういう意味で言えば、今の日本の上に立つ人たちはダメやね!全然国民を守ってなくて、かえって敵の前に差し出してるし。


10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所