• Ishikawa-legi

雪の確執


雪の何がいやって、道路の雪をめぐる近所との駆け引きがいやですね。ここら辺の道路は全部市道なんですけど、市が除雪してくれるわけではなくて、住民の手で行わなくてはなりません。

道路上の雪かきの担当範囲は暗黙の了解で厳密に決められていて、左右は自分の家の敷地の幅の1メートル外側まで、前は道路の幅の中央線まで、となっています。

それで、「あの家は絶対にやらん!」とか、「雪をここに捨てるな!」とか、色々なごたごたが出てくるわけです。これ、本当にいやになります。

うちの夫が車が通れるか大通りまで道を確認しに行ったところ、途中で、ある家の前の一か所だけ雪が除けられていないところがありました。夫がスコップでそこの雪をどけようとしたところ、その家の隣りの家から人が出てきて、「やらなくていい!」と止められたそうです。

夫が「ここの雪をどかさんと・・・。」と言って、なおもやろうとしたところ、「いいから!」とさらに強い調子で言われたので、やめといた、と言ってました。

たぶん、その家はいつも雪すかしをしないので、隣りの家は頭にきて見せしめにそのまま放ってあるのでしょう。全部きれいに雪がないのに、その家の前だけ雪があると、その家の怠慢が目立ちますからね。

気持ちはすごくわかるけど、なんかもうちょっとどうにかなるといいのにな、と少し思います。例えば、本来は市道の除雪は市の担当のはずで、私たちから税金をたっぷり取ってるんだから、市にやってもらうとか・・・。


20回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所