• Ishikawa-legi

"If I don't make it, I love you, mom."


またアメリカ・フロリダの高校で銃乱射事件が起きて17人が死亡しました。容疑者はこの高校を退学処分になった元生徒(19歳)で、いつも銃を所持している問題児だったそうです。

ちょうど昨夜、1999年コロンバイン高校銃乱射事件についてうちの子と話していたところでした。うちの子によると、親が徹底的に子どもを管理しようとするのだけど、その管理に抜けがあると、このケースのように無差別殺人に行ってしまい、親の管理が完璧で隙がないと、魂の抜けた空っぽのシリコン人形のような人間に育ってしまうのだそうです。

とにかく”管理子育て”はやめましょう!それは親の自己満足にすぎません。子どもを完璧人間に育てることで、自己の承認欲求を満たそうしてはいけません。

ヒトラーの言っていた「愛玩動物をかわいがるように」子どもをかわいがってはいけません。子どもは愛玩動物とは決定的に違います。

子どもは将来、①自力で生きていけるように、②世の中の役に立つ人間になれるように、③人を愛することができるように、ならなければなりません。そのために親が力をつけてあげる、それが子育てです。

今回のフロリダ州の事件では、銃乱射の間に物置に隠れた生徒が母親にメールを送っていました。

「ママ、愛してる。もしダメだったとしても、愛してる。」

泣けてきます。命を奪われるかもしれない瞬間に「怖い!」ではなく、「愛してる」というメッセージを家族に送るのです。

銃乱射事件を起こす犯人のような人間をたくさん世の中に作り出すことが、ヒトラーやナチスの企てたことでしたが、そのために狂った子育て法を世に蔓延させましたが、私たちは負けない、この生徒のメッセージはそう確信させます。


https://youtu.be/5j7-WFa2AJM


14回の閲覧

最新記事

すべて表示

「母としての自信がない」

幼稚園の先生方に「AI管理子育ての弊害」と題してお話をしてきた。現代の親の子育てはまるでAIのように完璧に正確に緻密に子ども達を管理している、という話だ。 休憩時間に一人の先生がスーっとよってきて話しかけてきた。「私も自分の子どもたちをAI管理している。子どもたちに悪いと思うが、やめられない。不安で不安でしかたがない。母としての自信がない。」 私には彼女の最後の言葉がどうしてもわからなかった。紛れ

「お金が人生で一番大事」

またショックを受けた。いちいちショックを受けていたらこの仕事はできないのだけど。 「お金が人生で一番大事」と答えた17歳の引きこもり男性がいた(もちろん粉ミルクで育てられた)。 すると、彼の両親が「そう答えるのは普通のことで、私らはなんとも思っていない。今の中学生の50%くらいはそういう考えだし。」と言ってのけたのだ。 私は「みんなが拝金主義だからって、自分の子も拝金主義でかまわないということはな

Formula-Fed Babies

最近ショックだったことは、母乳だけで1歳まで育てられた人は現在の人口の約4分の1しかいないことだ。あとの人は粉ミルクか混合栄養で育った。うちの夫も粉ミルクで育った。 オックスフォード大学の研究では、母乳だけで1歳まで育てられた人のほうが、30歳になった時に学歴もIQも収入も高いそうだ。 他にも海外には母乳で育った人と粉ミルクで育った人の比較研究がたくさんあり、どれも母乳のほうが知性やコミュニケーシ

© 2016 石川レジティメシー研究所