• Ishikawa-legi

ど根性ガエル=フリーメイソン説


「日本人はいつから勤勉になったか?」を、うちの子が調べてくれました。それによると明治維新からだそうです。

江戸時代までは仕事といっても週に2日働いて、あとはぶらぶらしている生活だったそうで、勤勉とはとても言えないのんびりした様子だったようです。

まったくうらやましい!私は小さいころから、「がんばれ!がんばれ!」と言われて育ってきて、つらい時も苦しい時も、しょっちゅう頭の中で「根性!根性!ど根性~♪」のあの歌を鳴らしてがんばってきました。

この歌は小さい頃にやっていた、テレビアニメ「ど根性ガエル」の主題歌です。これを歌っては「なにくそ!」と思って、山を一歩一歩踏みしめて登るように歯を食いしばってきたのです。

でもその結果、何を得たか?何にも残りませんでした。何しろ日本は、「オールニッポン収容所」だったので、労働対価(努力)のすべてが欧米に上納されてしまっていたのです。

がむしゃらに頑張って、「日本人は働き者だ」とかおだてられて、バカみたい!もっとのんびり、楽しく、らく~に暮らせばよかった!

ひょっとしてど根性ガエルは、フリーメイソンだったのかもしれないと思うようになりましたw



14回の閲覧

最新記事

すべて表示

「母としての自信がない」

幼稚園の先生方に「AI管理子育ての弊害」と題してお話をしてきた。現代の親の子育てはまるでAIのように完璧に正確に緻密に子ども達を管理している、という話だ。 休憩時間に一人の先生がスーっとよってきて話しかけてきた。「私も自分の子どもたちをAI管理している。子どもたちに悪いと思うが、やめられない。不安で不安でしかたがない。母としての自信がない。」 私には彼女の最後の言葉がどうしてもわからなかった。紛れ

「お金が人生で一番大事」

またショックを受けた。いちいちショックを受けていたらこの仕事はできないのだけど。 「お金が人生で一番大事」と答えた17歳の引きこもり男性がいた(もちろん粉ミルクで育てられた)。 すると、彼の両親が「そう答えるのは普通のことで、私らはなんとも思っていない。今の中学生の50%くらいはそういう考えだし。」と言ってのけたのだ。 私は「みんなが拝金主義だからって、自分の子も拝金主義でかまわないということはな

Formula-Fed Babies

最近ショックだったことは、母乳だけで1歳まで育てられた人は現在の人口の約4分の1しかいないことだ。あとの人は粉ミルクか混合栄養で育った。うちの夫も粉ミルクで育った。 オックスフォード大学の研究では、母乳だけで1歳まで育てられた人のほうが、30歳になった時に学歴もIQも収入も高いそうだ。 他にも海外には母乳で育った人と粉ミルクで育った人の比較研究がたくさんあり、どれも母乳のほうが知性やコミュニケーシ

© 2016 石川レジティメシー研究所