• Ishikawa-legi

羽化に成功?


「日本を”永遠に大人になれない未成年集団”で満たす」という計画がすすめられてきて以来、着実に日本にはそういう人たちが増えてきました。体は大人だけど心は子ども、という人たちで、いわばサナギから羽化して蝶になれない羽化不全のような状態である、ということは以前に書きました。

そして、このような羽化不全のさなぎをうまく羽化させて、りっぱな蝶にして、空を飛んでいかせることができないか、ずっと挑戦してきました(これはいわばイルミナティに対する挑戦です)。今まで何例も失敗して私の元を離れて行きました。

それは「なぜ羽化できないのか?」と、とことんまで追求して切り刻みすぎたせいかもしれません。あるいは本人のほうに「羽化したくない。そっとしておいてほしい」という思いがあるのに、無理やり押し付けたのかもしれません。

でもようやく、5年越しでトライしてきたさなぎが羽化に成功しそうで、とてもうれしいです。それは46歳の男性で、母親と二人暮らしでお互いに親離れ・子離れできておらず、20年以上も地域をまきこんでゴタゴタを繰り返してきました。

今までずっと「家に帰りたい」と言っていたその彼が、やっと最近「家には帰らない。仕事をがんばる。」と言うようになったのです。お母さんの悪口ばかり言っていたのに、パタッと言わなくなり、「いくら言っても絶対に(お母さんは)変わらないから。」と吹っ切れるようになりました。

もうその彼がまぶしくてたまりません。悪のたくらみで羽化不全にさせられていても、最後に正義は勝つし、何歳になったって自立は可能なのです。


18回の閲覧

最新記事

すべて表示

「母としての自信がない」

幼稚園の先生方に「AI管理子育ての弊害」と題してお話をしてきた。現代の親の子育てはまるでAIのように完璧に正確に緻密に子ども達を管理している、という話だ。 休憩時間に一人の先生がスーっとよってきて話しかけてきた。「私も自分の子どもたちをAI管理している。子どもたちに悪いと思うが、やめられない。不安で不安でしかたがない。母としての自信がない。」 私には彼女の最後の言葉がどうしてもわからなかった。紛れ

「お金が人生で一番大事」

またショックを受けた。いちいちショックを受けていたらこの仕事はできないのだけど。 「お金が人生で一番大事」と答えた17歳の引きこもり男性がいた(もちろん粉ミルクで育てられた)。 すると、彼の両親が「そう答えるのは普通のことで、私らはなんとも思っていない。今の中学生の50%くらいはそういう考えだし。」と言ってのけたのだ。 私は「みんなが拝金主義だからって、自分の子も拝金主義でかまわないということはな

Formula-Fed Babies

最近ショックだったことは、母乳だけで1歳まで育てられた人は現在の人口の約4分の1しかいないことだ。あとの人は粉ミルクか混合栄養で育った。うちの夫も粉ミルクで育った。 オックスフォード大学の研究では、母乳だけで1歳まで育てられた人のほうが、30歳になった時に学歴もIQも収入も高いそうだ。 他にも海外には母乳で育った人と粉ミルクで育った人の比較研究がたくさんあり、どれも母乳のほうが知性やコミュニケーシ

© 2016 石川レジティメシー研究所