• Ishikawa-legi

男性の育児休暇


先日、夫が帰ってきて、

「男の研修医が育児休暇をとった!」

と憤慨してまくしたてていることがありました。

私が冷静に「それが?」というと、夫はますます逆上してきて、

「だって男だよ? そいつに休まれてみんな迷惑してるんだよ!」

と、この私を前にあられもない発言をしてきました。

「”父親不在”が日本社会にどれだけの損害を与えてきたかを考えれば、男の育児休暇

は今後の日本のためにとってもいいことだと思うけどな。」

と、私は抑えて言いました。

”父親不在”というのは、文字通り父親が死別離別などでいない場合のほかに、仕事にかまけてまったく家族を顧みない場合も含まれます。

父親は好きで仕事にかまけているとは限りません。家に居れない場合も多いのです。現代家庭において父親は、まるで托卵によって孵ったウグイスのひな鳥に巣から蹴り出されるその巣の正当なひな鳥のように、家から追い出されています。

父親不在の場合は現代の核家族においては、育児は母親のワンオペになり、管理育児orネグレクトに陥りがちで、こうなってくると子どもは、まともな戦力として使える社会人に成長することが困難となるケースが目立つようになります。

おかげで、少子化なのにますます社会で貢献できる人が少なくなり、社会自体が崩壊するのではないか、とすら危惧されます。

であるならば、ちょっとぐらいでも仕事を休んで育児をし、子どもを戦力として使える社会人に育て上げることのほうが、長い目で見れば絶対に有益なような気がするのですが。


21回の閲覧

最新記事

すべて表示

「母としての自信がない」

幼稚園の先生方に「AI管理子育ての弊害」と題してお話をしてきた。現代の親の子育てはまるでAIのように完璧に正確に緻密に子ども達を管理している、という話だ。 休憩時間に一人の先生がスーっとよってきて話しかけてきた。「私も自分の子どもたちをAI管理している。子どもたちに悪いと思うが、やめられない。不安で不安でしかたがない。母としての自信がない。」 私には彼女の最後の言葉がどうしてもわからなかった。紛れ

「お金が人生で一番大事」

またショックを受けた。いちいちショックを受けていたらこの仕事はできないのだけど。 「お金が人生で一番大事」と答えた17歳の引きこもり男性がいた(もちろん粉ミルクで育てられた)。 すると、彼の両親が「そう答えるのは普通のことで、私らはなんとも思っていない。今の中学生の50%くらいはそういう考えだし。」と言ってのけたのだ。 私は「みんなが拝金主義だからって、自分の子も拝金主義でかまわないということはな

Formula-Fed Babies

最近ショックだったことは、母乳だけで1歳まで育てられた人は現在の人口の約4分の1しかいないことだ。あとの人は粉ミルクか混合栄養で育った。うちの夫も粉ミルクで育った。 オックスフォード大学の研究では、母乳だけで1歳まで育てられた人のほうが、30歳になった時に学歴もIQも収入も高いそうだ。 他にも海外には母乳で育った人と粉ミルクで育った人の比較研究がたくさんあり、どれも母乳のほうが知性やコミュニケーシ

© 2016 石川レジティメシー研究所