• Ishikawa-legi

Protest


チェコ共和国の首都プラハのヴァーツラフ広場に面したホテルに泊まりました。1968年この広場にソ連の戦車が侵攻し、この国を共産主義国家としていきました。


この話で何より驚いたのは、チェコの国民がたった21年でソ連を追い出して、共和国を打ち建てたことです。これは1989年ビロード革命と呼ばれており、なんと無血でした!

チェコ国民はすごい!どうやったんだろう?日本は150年も悪いやつを追い出せないでいるのに!

滞在中のある晩、私は教会コンサートに行こうとしてホテルのドアを開けたところ、ものすごい人だかりに飲み込まれました。ホテル前の広い広場が向こう側までぎっしり人々で埋め尽くされています。まるでラッシュ時の山手線のような混み具合です。

この人だかりはこの夜行われたデモでした。人々は何か叫びながら、でも不思議と落ち着いて、抗議運動をしています。私はちっとも恐怖を覚えることなく、人波をかきわけて広場を抜け、コンサートに間に合うことができました。

翌日ニュースでチェックしたところ、このデモは共産主義時代の警察官が国会議員に当選したことに抗議して行われたそうで、約1万人が集まったそうです。こんなに人が集まったのでは、この国会議員もさぞ怖かっただろうなと思います。

その後この国会議員が圧力に負けて辞任したかどうかは定かではありませんが、チェコではしょっちゅうデモが行われており、2回、3回とデモを繰り返されると、当局もまいってしまい、本当に当人が辞任したりするそうです。

ああ、チェコ国民はこんな風に政府をきっちり監視してるんだな、とよくわかりました。日本人のように「しかたない」とやり過ごすことは絶対ありえません。そんな風にあきらめたら確実に殺され財産を奪われてしまいます。

プラハは600~700年前の古い壮大な街がそっくり残っており、人々はその建物を何代にも渡って使って暮らしています。いちいち家のことを心配しなくてもいいわけです。でもこの暮らしを守るため、人々は質実剛健にまじめに強く生きてきました。

インチキしたり、汚いことをしたり、うそをついたりすると最終的には淘汰される、ということを肌で知っているようでした。

ボヘミア王からハプスブルグ、そしてソ連まで、悪い統治者が自分たちの上に来ると、被害を最小限にするため最初はなびいたふりして、でも水面下では確実にきっちり準備して静かに追い出す、そんなチェコ国民を日本はぜひ見習うべきだ、と思いました。


12回の閲覧

最新記事

すべて表示

「母としての自信がない」

幼稚園の先生方に「AI管理子育ての弊害」と題してお話をしてきた。現代の親の子育てはまるでAIのように完璧に正確に緻密に子ども達を管理している、という話だ。 休憩時間に一人の先生がスーっとよってきて話しかけてきた。「私も自分の子どもたちをAI管理している。子どもたちに悪いと思うが、やめられない。不安で不安でしかたがない。母としての自信がない。」 私には彼女の最後の言葉がどうしてもわからなかった。紛れ

「お金が人生で一番大事」

またショックを受けた。いちいちショックを受けていたらこの仕事はできないのだけど。 「お金が人生で一番大事」と答えた17歳の引きこもり男性がいた(もちろん粉ミルクで育てられた)。 すると、彼の両親が「そう答えるのは普通のことで、私らはなんとも思っていない。今の中学生の50%くらいはそういう考えだし。」と言ってのけたのだ。 私は「みんなが拝金主義だからって、自分の子も拝金主義でかまわないということはな

Formula-Fed Babies

最近ショックだったことは、母乳だけで1歳まで育てられた人は現在の人口の約4分の1しかいないことだ。あとの人は粉ミルクか混合栄養で育った。うちの夫も粉ミルクで育った。 オックスフォード大学の研究では、母乳だけで1歳まで育てられた人のほうが、30歳になった時に学歴もIQも収入も高いそうだ。 他にも海外には母乳で育った人と粉ミルクで育った人の比較研究がたくさんあり、どれも母乳のほうが知性やコミュニケーシ

© 2016 石川レジティメシー研究所