• Ishikawa-legi

イタリアン・ツナミ



また「言うこと聞かないと、津波を起こすぞ!」という脅しがありました。今度はイタリアの海底火山マルシリ(上の写真赤い丸で囲った部分)の壁の一部に脆弱性があり、「もし」海底火山が爆発すれば壁が崩れ落ちて強力な津波が発生し、カンパニア州、カラブリア州、シチリア島の沿岸を襲うだろう、というのです。


イタリアの海底火山マルシリ

これらの3つの地域にはそれぞれカモッラ、ヌドランゲタ、コーザ・ノストラという巨大犯罪組織があるので、これらの組織に対する脅しだろうということは察しがつきます。なぜならこの海底火山は有史以来一度も爆発したことがないからです。

と思ったら、なーんだ!これはずいぶん前のニュースでした。いつのかというと2010年3月のでした。でも、2011年東北大震災の津波より前にすでにこんなことが伝えられていたなんて、ある意味ショックです。

http://www.afpbb.com/articles/-/2715211

そして「海底の壁を標的側に倒すことで、そちらに向かう津波を起こす」手法とは、まさにこのブログで東北大震災の津波を起こした機序として考察してきたのと同じ方法です。

あの時も、三陸沖の海底に海岸線に平行に100kmにわたる崖があったことを突きとめ、それを爆破して日本列島側に崩すことで、三陸地方だけを特異的に襲う巨大津波を起こしたのではないか?と推察してきました。

ホント、色々つながるし、色々ショックです。


14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所