• Ishikawa-legi

人種差別


チェコへ行って心底わかったこと、2つ追加します。

一つは、元々世界のどこにも偏見や差別なんてない、ということです。我々が偏見や差別だと思っていた、有色人種差別、被差別部落、在日、女性差別etc.はすべて意図的に作られた捏造品だったのです。

もう一つは、世界のありとあらゆる対立構造;資本主義vs社会主義、西側諸国vs東側諸国、キリスト教vsイスラム教、文明国vs発展途上国、北朝鮮vs南朝鮮、白人vs黒人etc. これも全部捏造だったことです。

どこの国も民衆は正直で堅実で、自分たちの家族を守って暮らしており、すすんで誰かを攻撃したり、貶めたり、奪ったり、蔑んだりすることは決してありません。

有史以来あるのは、「悪徳支配者」vs「民衆」この構図だけです。チェコの歴史をよくよく見ると、民衆によるレジスタンス運動&革命の繰り返しです。悪い王様が来ると追い出し、ナチスが来ると追い出し、ソ連が来ると追い出し…。

(悪い王様もナチスもソ連も、実はすべて裏でつながっている、すなわち姿は変えても全部同じ人物だったというところがミソです。手を替え品を替え、民衆をだましにくるわけです。)

歴史の教科書は、悪徳支配者によって捏造されているため、派手な王朝同士が覇権争いを繰り返しているのが歴史だと思わされていますが、真実の歴史は、民衆による悪いやつ追い出し作戦の連続だったのだろうと思います。

日本にもよくよく見ると、民衆による悪政追い出し作戦の歴史があり、一向一揆などがそういう性質のものであったのだと思います。

とにかくここまで酷い目にあわされたのは、日本の歴史始まって以来だと思います。まもなくインカ帝国のように滅ぼされるのではないかと危惧しています。


10回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所