• Ishikawa-legi

死語「まごころ」


85歳の現役税理士さんが、奥さんを「お金がかかってもいいから、いい施設に入れたい。料金が高ければ、いいサービスが受けられるだろうから。」と言いました。

その人はそれから能力給の話をしだし、「能力が高ければ高い給料をもらえる。東京の一番能力の高い弁護士さんの時給を知ってますか?1時間50万円ですよ!」「でもここら辺りの田舎だと時給1万円でしょ。」と色々話し始めました。

お金なしで豊かな暮らしを送れないか考えている私は、申し訳なかったけど、遮って言いました。「仕事で一番大事なのは、心ですよ。能力ではありません。」

「まあ、そりゃそうだけど・・・。」とその人は言いました。そして私が「お金なんかいらない!」とヤケクソになって言うもんで、かなりびっくりしてました。

でもね、こんなロスチャイルド式インチキ貨幣制度に振り回されて人心が荒廃して、社会がめちゃくちゃになって、ギスギスして、自殺と餓死と殺人事件ばかり起こって。

うんざりですわ!お金を使うのをやめて、物々交換にすればいいのに。


18回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所