• Ishikawa-legi

悪魔崇拝


元々世界中どこを探しても、悪魔を崇拝する民族は地中海沿岸にしかいません。なぜここに悪魔崇拝の人たちが発生したのか?ナゾです。

地中海沿岸って気候が穏やかで、土地が肥沃で、言うことなしの土地なのに…。以前に地中海に行ったときに思いましたけど、本当に花のようなかぐわしい匂いがするんですよ、地中海って。

とにかくなぜ「世界を支配したい」と思うのか?ナゾです。私なんか「そんなしんどいこと、絶対したくないわー!家族が健康で無事でそれぞれ幸せに暮らしているなら、あとはお菓子とマンガを海岸に持って行って昼寝したい」と思うだけですけどね。そんなことしたら太るかな。

悪魔は交換条件でくるらしいです。「悪魔を崇拝しろ。そしたらこの世の権威と栄光をあげる」って。そこでどうして、「はい、崇拝します」と言っちゃうのか?どういう種類の人間が「はい」というのか?ナゾです。

悪魔に魂を売ったら、絶対に後が大変だと思います。契約だから、悪魔を崇拝し続けなければならない。途中で止めれません。悪魔を喜ばせ続けなければなりません。

悪魔が喜ぶことは次の二つです。①ひれ伏すこと ②人間を犠牲に捧げること、だから2千年以上前から現代まで、連綿とおぞましい生贄の儀式が行われ続けているのです。こんなひどいことが今でも行われているなんて、信じられませんが。

そもそも「権威」と「栄光」を欲しがるからいけないのですが。人間弱いから、巧妙に欲につけこまれてしまうのですね。我が身を振り返って反省しなければ。


33回の閲覧

最新記事

すべて表示

悪魔主義者がいなければ全く違う世の中になっていた

現在世界を支配している悪魔主義者たちは、5千年前のバビロニア帝国の血流だという。徹底した秘密主義で、自分たちは絶対に姿を現さず、裏から支配してきた。 この人たちがいなければ、 キリスト教もイスラム教も起こらなかったし、ルネッサンスもプロテスタントも起こらなかった。 この人たちがいなければ、アメリカ南北戦争もフランス革命もロシア革命も起こらなかったし、第一次世界大戦も第二次世界大戦もホロコーストも起

© 2016 石川レジティメシー研究所