• Ishikawa-legi

あべりょうは過激か?


https://youtu.be/kvQlw4J4Ob8


よくYouTubeを見る時に、「あべりょう」という人の歌が事前に広告として入っていることがあります。なかなか良くできている風刺歌だなあ、朝鮮半島と日本列島を結ぶ海底トンネルの話など、情報をよく知っているなあ、といつも感心して聞いています。

でもこの前、この歌のコメント欄を見てビックリ!「あべりょうが過激すぎる」という批評があるのです。なんでー?この批評を書いた人たちは主語を取り違えているのではないかと思います。

”あべりょう”が過激なのではなくて、”世の中をめちゃくちゃにした人”が過激なのです。そこを間違えないように。

例えば、「バラは美しい」と発言した人がいたとして、この人が美しいという意味になるでしょうか?違いますよね?

あべりょうは「この世の中は過激である」と歌っているだけであって、これは「あべりょうは過激である」ということにはなりません。しかも、あべりょうの歌っている内容なんかより、実際の世界はもっともっとずっと過激です。

あべりょうはむしろぜんぜん控えめに歌っているぐらいです。なんたって2300万人殺したって平気だし(第二次世界大戦の死者数)、人肉食べたりしてるんですから。もう、吐き気がしてきます。

こういう主語の取り違えをする人が多くて、ほーんといやになります。日本語に未分化な部分があるからなのでしょうけれど、こういうブレた思考をするから、簡単に手玉に取られちゃうんだと思います。しっかりしてくれ、と言いたいです。

このブログも過激だと言われましたけど、違います。このブログの筆者が過激なのではなくて、悪魔崇拝者が世の中で行ってきたことが過激なのです。間違えないでほしいです。


14回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所