• Ishikawa-legi

政治制度の腐敗


菅野完氏が言っています。

「政治家個人の腐敗よりもこわいのは、政治制度の腐敗だ。」

「個人が腐敗するのは、いくらでも腐敗すればいいんです。切っちゃえばいいだけだから。でも政治制度が腐敗した時に我々ができるのは何か、今、問われている。」(動画の41分あたり)


https://youtu.be/TiNEfN1OdUI

さらに言えば、菅野氏は「腐敗した時に」と、制度ができた時はちゃんとしていたけど時間が経つにつれて腐敗したように言っていますが、そうではなく、できた時から腐敗していたというのが紛れもない事実です。

わざと最初からヘンテコな矛盾した政治制度を作って、それを日本人に押し付けたのです。誰が?もちろんGHQ&ロスチャです。何のために?何十年か経ったら国が崩れるように、です。

菅野氏はこうも言っています。

「僕は安倍政権なんかどうでもいいんです。日本が近代国家であればいいんです。」

もう涙が出てきます…。

「金も名誉もどうでもいい!」と、まっすぐに日本のために戦っている人が増えてきたのは、とっても、とっても嬉しいことです。こういう人が殺されなくなってきたのも、先行きの明るさを感じさせます。頑張るぞー!


14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所