• Ishikawa-legi

”医療制度の腐敗”


医療制度だって腐敗してます。もちろんこれも最初から、できた時から、腐敗しているのです。医者になりたてのころに「看護婦さんの人数で病棟の収入が決まる」と聞いた時に、「は???」と思いましたもの。

それから「検査と薬でお金が取れるけど、診断・治療はお金が取れない。」と聞いた時も、「はあ????」と思いました。

なんという制度でしょう。医療は本来、「治してナンボ」ですよ。それなのにどちらも医者の技量というものは一切問わず。薬屋や医療機器屋(どちらも外国のパテントにがんじがらめにされています)がもうかるしくみです。最初からそういう設定であると聞いた時の脱力感たら。

でもじきに、私は医療制度の根本的矛盾について何も思わなくなりました。制度を泳ぐようにかわしながら上手にやるのが処世術だと勘違いしたのですねー。本当に私はアホでした。

こういう基盤のところで矛盾を抱えた制度のまま70年が経ち、今や医療制度はシロアリに食いつくされた家のようにボロボロです。同様に日本中のありとあらゆる制度ー教育、経済、司法、産業などーが軒並みボロボロです。


17回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所