• Ishikawa-legi

”自立未遂”の完遂


ヒトラーに代表される悪いやつらが「日本を潰してしまえ!」という計画を立てたその一環として、「日本人の子どもを自立させない作戦」がありました(ヒトラーの著書『我が闘争』にも「社会を永遠の未成年で満たす」と書いてあります)。

この作戦は見事に成功し、日本の社会は体は大人で心は子どもの”永遠の未成年”だらけとなりました。私はなんとかこの作戦を打ち破れないかと挑戦し、長い間四苦八苦してきましたが、ようやく実り始めました。関わってきた人たちが皆、少しずつ自立してきたのです。嬉しい限りです。

自宅から離れたグループホームに入所した女性は、「帰りたい、帰りたい」と連呼し、毎日母親へ電話をかけていたのですが、それを止めました。「こっちが楽しいから、電話をかけるひまがない」と言ってました。

母親から過度に勉強を押し付けられて反発し、若い頃からお酒と薬に溺れて立ち直れなかった男性が、お酒を減らし、薬を減らすようになりました。親切な助言も被害的に理解し拒絶してきたのに、耳を貸し心を開くようになりました。

40代後半にもなって母に依存し暴力を振るって小遣いをむしり取っていた男性は、施設を脱走して自宅に帰りかけましたが、考え直し、また施設に戻りました。「”自分勝手な母ちゃん”のところに戻ってもまたイザコザが起こるだけだから、こっちで頑張ろうと思った」のだそうです。

色々な方法があるかとは思いますが、私は基本的に親の力は借りずに自力で自立する方向で、「がんばれ、がんばれ」とサポートを続けてきました。蛹が羽化に失敗すると中で死んでしまうように、自立しそこねた人たちも死んでしまうのではないか、と内心恐れていましたが、まったくそんなことはなく、みんな逞しかったです。

最初からわかってたことですが(えっへん)、どんな悪の作戦も、愛と正義には所詮勝てないのです。


0回の閲覧

© 2016 石川レジティメシー研究所