• Ishikawa-legi

感動する話



最近、You Tubeで『感動する話』を見ては、感動して泣いています。

虐待されていた子を引き取って育てたら、その子がとてもいい子に育った話とか、嫌いだったお姑さんが大地震の時に血だらけになりながら命がけで自分を守ってくれた話とか、浮気した奥さんを何十年もかけて赦し合ってよりを戻した話とか、涙、涙で、涙腺が緩みっぱなしです。

『感動!!!「お母さん、なんであの人は手ないん?」小さな子供の声が電車内に響き渡った・・・』   

https://youtu.be/jHoPmiFbb18

この話のお母さんもえらかった!お母さんは静かな声で子どもにこう言うのです。

「 みんな同じじゃないの。みんなそれぞれ持ってるものと持ってないものがあるんよ。でも、持ってないからって、その人は何も悪くないし、他の人と何も違わないんよ。」

貧困でみんな荒みきっているものと思い込んでいましたが、ちゃんと日本の良心は生き残っていました。日本は大丈夫です。私もまだまだ修行が足りない、このお母さんのようになれるようにがんばらなくっちゃ、と心底思いました。


15回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所