• Ishikawa-legi

今朝の会話


今朝、夫にごみの有料化を嘆いた時の会話です。

夫 「それなら税金をもっと増やして、ごみ収集者にあげるようにすればいい。」

私 「はあ?日本は世界一の重税国やよ?これ以上取られたら生きていけません。」

夫 「うん・・・。」

私 「集めた税金が、どこに行っているか知ってるの?」

夫 「パテント。」

(夫は日本で製造しているものすべてに細かくパテントがかけられていて、お金をことごことく外国の会社に吸い取られていることを言っているのです。)

私 「そうやよー、日本のお金は全部外国に行ってるんやよ。だから私たちの生活にまでお金が回ってこないから、ごみが有料化になったんやよ。知っててなぜ言う?」

税金をこれ以上増やす前に、外国にお金をやるのを止めればいいだけの話です。夫だって理系の大学卒なのに、なぜこんな簡単な足し算引き算ができないのでしょうか。意味不明です。


15回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所