• Ishikawa-legi

ベトナム戦争



以前買ったベトジャン(アメリカ軍のスベニールジャンパーでベトナム戦争のもの)には、

「When I die, I'll go to heaven. Because I have spent my time in hell.」

(俺が死んだら天国に行くよ、だってここで地獄の時間を過ごしたから。)

と書かれています。

今日は寒いから、このジャンパーを引っ張り出して着ているうちにふと思いました。アメリカ軍はベトナム戦争で地獄を見たのに、なぜその後もイラン・イラク戦争、クエート侵攻、アフガニスタン侵攻など同じことを何回も何回も繰り返したのでしょう?どの戦争も罪のない現地人に地獄を見せ、自分たちも地獄を見たはずです。帰還した米兵は苦悩のあまり何人も自殺したとききました。

最近になってやっと、アメリカ軍は自分たちがだまされ利用されてきたことに気づき、激怒し、反旗を翻してクーデターを起こし、政府に巣食う悪魔どもを追い出しているそうですが。だから議員が30人以上急に辞職したりしているそうです。

でもこれだけ戦争に何回も駆り出されて、それでもなかなか気づかなかった、ということは、アメリカ人も日本人に劣らず負けず洗脳が深かった、ということなのでしょうか。今のところ、アメリカ人は気づいたという点で、まだまだ気づいていない日本人に比べて本当はずっとマシなのかもしれません。


0回の閲覧

© 2016 石川レジティメシー研究所