• Ishikawa-legi

ベトナム戦争



以前買ったベトジャン(アメリカ軍のスベニールジャンパーでベトナム戦争のもの)には、

「When I die, I'll go to heaven. Because I have spent my time in hell.」

(俺が死んだら天国に行くよ、だってここで地獄の時間を過ごしたから。)

と書かれています。

今日は寒いから、このジャンパーを引っ張り出して着ているうちにふと思いました。アメリカ軍はベトナム戦争で地獄を見たのに、なぜその後もイラン・イラク戦争、クエート侵攻、アフガニスタン侵攻など同じことを何回も何回も繰り返したのでしょう?どの戦争も罪のない現地人に地獄を見せ、自分たちも地獄を見たはずです。帰還した米兵は苦悩のあまり何人も自殺したとききました。

最近になってやっと、アメリカ軍は自分たちがだまされ利用されてきたことに気づき、激怒し、反旗を翻してクーデターを起こし、政府に巣食う悪魔どもを追い出しているそうですが。だから議員が30人以上急に辞職したりしているそうです。

でもこれだけ戦争に何回も駆り出されて、それでもなかなか気づかなかった、ということは、アメリカ人も日本人に劣らず負けず洗脳が深かった、ということなのでしょうか。今のところ、アメリカ人は気づいたという点で、まだまだ気づいていない日本人に比べて本当はずっとマシなのかもしれません。


27回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所