• Ishikawa-legi

子離れできない70代母-Just another case of fledging failure


70代母が、40代独身息子&娘の世話をしているそうです。二人が勤めに行く前に朝食を作ってやり、弁当をもたせてやり、掃除洗濯してやり、帰ってきたら2時間かけて作った夕食をしっかり食べさせてやる毎日だそうです。

最近、早朝覚醒で朝3時4時に目がさめるんだけど、「寝過ごしちゃいけない」と思って再入眠しないようにしているそうです。「なんで寝過ごしちゃいけないの?」と聞くと、「朝食作ってやらなきゃいけないから」と答えました。

「だから二人とも結婚できないんじゃない?」と思わず言ってしまいました。だってそれって子ども達が小学生だった頃の暮らしを、ずっと40年以上続けているわけでしょ。無理ですよ。

「子離れしなきゃと思うんだけど、ついついやってあげちゃうのよね〜。」「息子が毎晩遅くに帰ってきてご飯食べたその茶碗は、息子が洗えばいいんだけど、ついつい私が洗っちゃうのよね〜。」

でもそのせいで、このお母さんは孫が持てないんだけど。このお母さんはそれでもいいのかもしれないけど、絶滅まっしぐらなんですけど。日本全国津々浦々にこういう風景がみられるのだろうと推察します。


25回の閲覧

最新記事

すべて表示

「母としての自信がない」

幼稚園の先生方に「AI管理子育ての弊害」と題してお話をしてきた。現代の親の子育てはまるでAIのように完璧に正確に緻密に子ども達を管理している、という話だ。 休憩時間に一人の先生がスーっとよってきて話しかけてきた。「私も自分の子どもたちをAI管理している。子どもたちに悪いと思うが、やめられない。不安で不安でしかたがない。母としての自信がない。」 私には彼女の最後の言葉がどうしてもわからなかった。紛れ

「お金が人生で一番大事」

またショックを受けた。いちいちショックを受けていたらこの仕事はできないのだけど。 「お金が人生で一番大事」と答えた17歳の引きこもり男性がいた(もちろん粉ミルクで育てられた)。 すると、彼の両親が「そう答えるのは普通のことで、私らはなんとも思っていない。今の中学生の50%くらいはそういう考えだし。」と言ってのけたのだ。 私は「みんなが拝金主義だからって、自分の子も拝金主義でかまわないということはな

Formula-Fed Babies

最近ショックだったことは、母乳だけで1歳まで育てられた人は現在の人口の約4分の1しかいないことだ。あとの人は粉ミルクか混合栄養で育った。うちの夫も粉ミルクで育った。 オックスフォード大学の研究では、母乳だけで1歳まで育てられた人のほうが、30歳になった時に学歴もIQも収入も高いそうだ。 他にも海外には母乳で育った人と粉ミルクで育った人の比較研究がたくさんあり、どれも母乳のほうが知性やコミュニケーシ

© 2016 石川レジティメシー研究所