• Ishikawa-legi

子離れできない70代母-Just another case of fledging failure


70代母が、40代独身息子&娘の世話をしているそうです。二人が勤めに行く前に朝食を作ってやり、弁当をもたせてやり、掃除洗濯してやり、帰ってきたら2時間かけて作った夕食をしっかり食べさせてやる毎日だそうです。

最近、早朝覚醒で朝3時4時に目がさめるんだけど、「寝過ごしちゃいけない」と思って再入眠しないようにしているそうです。「なんで寝過ごしちゃいけないの?」と聞くと、「朝食作ってやらなきゃいけないから」と答えました。

「だから二人とも結婚できないんじゃない?」と思わず言ってしまいました。だってそれって子ども達が小学生だった頃の暮らしを、ずっと40年以上続けているわけでしょ。無理ですよ。

「子離れしなきゃと思うんだけど、ついついやってあげちゃうのよね〜。」「息子が毎晩遅くに帰ってきてご飯食べたその茶碗は、息子が洗えばいいんだけど、ついつい私が洗っちゃうのよね〜。」

でもそのせいで、このお母さんは孫が持てないんだけど。このお母さんはそれでもいいのかもしれないけど、絶滅まっしぐらなんですけど。日本全国津々浦々にこういう風景がみられるのだろうと推察します。


25回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所